ヘルスアップコラム 2020年2月号 ヘルスアップコラム 2020年2月号 2020年2月号

Theme of this month

チョコレートのおはなし

2月のイベントといえばバレンタイン。最近では、友達同士でのチョコレート交換や自分へのご褒美にチョコレートを食べることが流行っていますね。また、原料であるカカオ豆に含まれる成分が注目され、「カカオ成分70%」など含有量が多い種類も増えてきています。そこで今回はチョコレートの基礎知識、食べる際の注意点についてご紹介します。

チョコレートができるまで

チョコレートの原料であるカカオは中央アメリカや南アメリカなど、気温が高く、雨の多い地域で育ちます。ラグビーボールのような形状の果実には20~40粒ほどのカカオ豆(カカオの種子)が入っており、豆の状態から発酵乾燥焙煎粉砕すり潰しミルクや砂糖を添加充填冷却、という工程を経てチョコレートが完成します。

種類 原材料
ミルクチョコレート カカオマス※1、ココアバター※2、砂糖、ミルク※3
ビターチョコレート カカオマス、ココアバター、砂糖を添加し、ミルクが極少量or全く入ってないもの
ホワイトチョコレート ココアバターにミルク、砂糖を添加したもの。カカオマスが入っていないため、チョコレート色をしていない。

※1 カカオ豆をすり潰して、ドロドロの状態になったもの
※2 カカオ豆を搾油して得られる淡黄色の植物油
※3 クリーム粉乳や全脂粉乳、脱脂粉乳等の乳製品

含まれる成分と注意点

最近の研究において、カカオ豆に含まれる成分(カカオポリフェノールやテオブロミン等)がストレスを和らげる、血行を良くする、整腸作用が期待できる等の効果が注目されています。ただし、このような効果は製品化されたチョコレート自体の効果ではなく、その成分を摂取することによっての研究結果です。市販のチョコレートには沢山の砂糖が含まれ、またカカオ豆自体の脂質量も多いため、摂取量には注意しましょう。

1日の目安量

厚生労働省の基準では「間食は200kcal以内」としていますので、美味しく健康に食べたい目安として3~5個程度にしましょう。ダイエット中の方は頻度と量を控え、時々のご褒美にしてみてはいかがでしょうか。

(管理栄養士:渡部)


副菜寒い冬にピッタリ! 健康的な酒かすを存分に味わう 鮭のかす汁

酒かすは、日本酒の製造過程でできる日本の伝統的な発酵食品です。タンパク質、ビタミン、葉酸、食物繊維などの栄養素がたっぷり含まれるため、動脈硬化、認知症、がん、骨粗鬆症などの予防に加え、女性には嬉しい美白効果や乾燥肌の改善、血行促進効果もあります。寒いこの時期に体の芯からポカポカと温まる「かす汁」はいかがでしょうか。

1人分:エネルギー 170kcal

  • たんぱく質 12.9g
  • 炭水化物 13.5g
  • 脂質 5.7g
  • 塩分 2.0g

材料(作りやすい量 4杯分)

  • 塩鮭 1~2切れ(100g) (切り身もしくはアラでも)
  • みそ 15g (ここでは信州みそを使用)
  • 酒かす 75g
  • だし汁 3カップ
  • 大根 100g
  • にんじん(中1/2本) 50g
  • 里芋(長芋でもOK) 2コ
  • こんにゃく 1/4枚
  • ちくわ 1本
  • 油揚げ 1枚
  • 青ねぎ 1本
  • 薄口醤油 大さじ1/2~
  • 少々

※少し煮詰まった翌日もまた美味しいので、たっぷり作っていただいても良いでしょう!

作り方

  1. 酒かすはちぎってボウルに入れ、少量のだし汁を加え5~10分間ほどおいて柔らかくする。
  2. 塩鮭は一口大に切り、さっと湯通ししておく。
  3. 大根、にんじんは、大きさをそろえて厚めの短冊形に切る。里芋は、皮をむいて1cmの厚さの輪切りにする。油揚げは細切り、ちくわは輪切りにする。
  4. こんにゃくは、下茹でしてから、短冊形に切る。
  5. だし汁で、アクを取りながら材料を煮る。材料に火が通ったら、鮭も一緒に煮る。(煮崩れが気にならない場合は、最初から煮ても良い)
  6. ①の酒かすとみそを合わせて溶き入れる。薄口醤油と塩で味を整える。
  7. 刻んだ青ねぎを添えてできあがり。

\ このページをシェアする /

健診に関するご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせフォーム・
電話番号等はこちら