ヘルスアップコラム 2021年4月号 ヘルスアップコラム 2021年4月号 2022年8月号

Theme of this month

夏に気をつけたい食中毒


厚生労働省では、食品衛生管理の向上のため8月の1ヶ月間を「食品衛生月間」と定めています。そこで今回は、夏に多い細菌による食中毒についてお伝えします。家庭でできる予防のためのポイントを実践し、食中毒を防ぎましょう。

夏の食中毒の原因は?

食中毒の主な原因には「細菌」と「ウイルス」があり、夏には腸管出血性大腸菌やカンピロバクター、サルモネラなど、細菌が原因となる食中毒が多く発生します。食中毒を引き起こす細菌の多くは、人の体温に近い温度で増殖のスピードが最も速くなり、さらに湿気を好むため、高温多湿になる夏に細菌による食中毒が増えるのです。

食中毒予防のポイント

食中毒予防の原則は、細菌を食べ物に「つけない」、食べ物に付着した細菌を「増やさない」、食べ物や調理器具に付着した細菌を「やっつける」ことです。これらを実践するために、6つに分けてポイントを紹介します。

(管理栄養士:阿部)


主菜中華の定番料理で夏を乗り切ろう! トマトと卵の中華風炒め

暑い夏にさっと作れるレシピをご紹介します。トマトに含まれるリコピンには、皮膚のダメージや老化を促進する活性酸素を減らす働きがあるため、日差しの強い真夏にはピッタリの食材です。リコピンは油と相性が良く、さらに加熱することで吸収率が約3倍になります。お好みできくらげやニラ、豚肉などを一緒に入れてアレンジしてもおいしく召し上がれます。

1人分:エネルギー272kcal

  • たんぱく質 11.9g
  • 炭水化物 8.5g
  • 脂質 21.9g
  • 塩分 1.6g

材料(2人分)

  • トマト 2個
  • 3個
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1/2
  • 塩・こしょう 少々
  • サラダ油 大さじ2
  • オイスターソース(なければ醤油) 大さじ1

注意点

卵の殻にはサルモネラ菌が付着している場合があります。調理の直前に割り入れ、卵を触った後は手をよく洗いましょう。

作り方

  1. トマトはへたを取り8等分のくし形にし、さらに半分に切る。
  2. ボウルに卵を割りほぐし、鶏ガラスープの素、オイスターソース、塩、こしょうを混ぜて卵液を作る。
  3. フライパンにサラダ油(大さじ1)を引き、(2)を流し入れて中火で半熟状になるまで混ぜながら炒め、いったん取り出す。
  4. フライパンに残りのサラダ油を引き、トマトを入れて崩さないようさっと中火で炒め、(3)を戻して混ぜ合わせたら火を止め盛りつける。

\ このページをシェアする /

健診に関するご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせフォーム・
電話番号等はこちら