2021.8.25

新型コロナウイルス抗体検査のご案内 (中和抗体検査取扱い開始)

新型コロナウイルスについて、目的に応じて2種類の抗体検査((N) または (S)抗体)をお受けいただけます。
(2021年9月より (S) 抗体を追加しました。)



【 検査項目・目的 】

 ■ 『 新型コロナウイルス (N) 抗体 』  (ヌクレオカプシド (N) 抗体)
    過去に新型コロナウイルスに感染したかどうかを調べます。

 ■ 『 新型コロナウイルス (S) 抗体 』  (スパイク (S) 抗体)
    新型コロナワクチン接種による獲得抗体(中和抗体)を調べます。


【 検査料金 】
 
 ■ (N) 抗体        : 5,500円
 ■ (S) 抗体        : 5,500円
 ■ (N) / (S) 抗体セット : 8,800円 (全て税込)


【 予約方法 】

 ■ これから健診を予約する方       : Web予約
 ■ 既に健診を予約済みの方(追加): 予約変更受付
   ※ 健診当日でもお申込みいただけます。受付スタッフまでお申し付けください。


【 結果報告 】

 健診コースの結果報告書と合わせて専用報告書をお届けします。(通常3~7 日間程度)


【 検査試薬 】

 ■ (N) 抗体 : ロシュ・ダイアグノスティックス社 「Elecsys Anti-SARS-CoV-2 」

      https://diagnostics.roche.com/jp/ja/products/params/elecsys-anti-sars-cov-2.html

 ■ (S) 抗体 : ロシュ・ダイアグノスティックス社 「Elecsys Anti-SARS-CoV-2 S」

      https://diagnostics.roche.com/jp/ja/products/params/elecsys-anti-sars-cov-2-s.html


【 備考 】

 それぞれの抗体検査は臨床検査薬として標準化されたものではなく研究用試薬としての扱いとなるため、
 試薬メーカー毎(ロシュ社、アボット社、etc.)で検査結果が異なる可能性がありますのでご注意ください。









< 新型コロナウイルス抗体検査((N) 抗体) 7月陽性率 >

キャプチャ.PNG


【 全体の傾向 】

 ■ 2020年7月以降、累計約3万件の抗体検査を実施
 ■ この6月から陽性率の上昇傾向がみられ、7月の全年代平均の陽性率は3.0%(1-6月の平均は1.7%) 
 ■ 6月→7月の全年代平均の上昇率は0.7p


【 年代による傾向 】

 ■ 陽性率が最も高い年代は30代が3.7%
 ■ 前月からの陽性率の上昇幅は20代が1.3pと最も大きく、報道されている通り若年層の感染拡大が拡がっていることが示唆される結果


【 男女比 】

 ■ グラフにはないが、男女毎の陽性率を比較すると "男性 > 女性" の傾向が顕著で、全年代での男女比はおおよそ2.2:1

 全世代でのワクチンの普及にはもうしばらく時間がかかりそうです。
 引き続き基本的な感染対策を心掛け、健康管理に留意し生活を送りましょう。

\ このページをシェアする /

健診に関するご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせフォーム・
電話番号等はこちら